寝起きは背中がつらいし健康にいい敷布団は出ないの?と頭を悩ませていたのがすがすがしくなりました。

疲れた

年を取るにつれて体の倦怠感がとれにくくなり、連日仕事に向かうのが億劫になると頭を抱えていました。このような日々が続くと、本当に朝方起き上がるのがきつく憂鬱な日常的に続いていました。

 

体中の苦痛が根こそぎ全部腰や肩に負の要因となっている感じがして、「私は何か病気なのか?」それとも「寝方が酷いのか?」の見わけがつかない感覚でした。

 

でもそんな日々でも、時々観光旅行でホテルに泊まった翌朝は体が緩和されるので、それを考えた時に実際のところは、

 

「私の身体に合ういいマットレスがあるに違いない」
「寝方が酷いのではなく敷布団を変更すればこの重荷が緩和するのではないか?」

 

と思い休みの日に徹底してそんな敷布団やマットレスを探しました。そして苦労して見つけました、体に良い敷布団を。

 

それがこの【雲のやすらぎ】です。

 

雲のやすらぎの詳細

敷布団の寝心地部門でもランキング1位を獲るのが雲のやすらぎ

腰にダメージを与えないとして敷布団の寝心地部門でもランキング1位をゲットしているので、その実感・満足レベルはかなり高水準のものです。これを使用して就寝した翌日の朝は、頭の中もスカッと久々にストレスなく背伸びをしたのが本当に幸せでした。

 

商品販売ページを見ても、「取れなかった体の苦痛が軽くなった」という声が数多く集っています。

 

例えその人の身体が疲労感が無くなりにくい体でも、雲のやすらぎを使うと気持ちの良い眠りを確保できるので疲れが取れる敷布団・腰に良い敷布団としてふさわしい寝具です。

 

その気持ちの良い眠りを確保出来る理由は厚さ17cmのマットレスにあります。特徴的な5層構造で作られており、マットの作りが実に魅惑的です。

 

さらに疲れが取れるには、マットの外見にある凹凸のアルファマットがひときわ体を支えてくれているからです。

 

このマットは、反発・弾性がありクッション性が抜群であるため、寝ている私の体圧を均等にしてくれていると感じました。

 

自分の重みを感じないと言うか。これによって就寝時の体のバランス状態を維持してくれるので起床時のあの背中の痛さもなく、身体が軽く感じるようになっています。

98%の満足感の決定打はこだわりを尽くした結果

満足度

 

この雲のやすらぎは、厚みのある敷布団なのに通気性をよりアップしたマットを使用しています。人は就寝中に200CCもの汗をかいています。雲のやすらぎは汗をかいても中のマットに通気性を持たせている為、湿気がこもらない仕組みに仕上げてます。

 

しかし、通気性が良いからと言って保温性が弱いかと言うとそうでもなく、中に入っている羊毛は上質な羊毛のロレーヌダウンを使用しています。これによって、ムレを除去する優秀な吸湿性を持っているのでムレづらく保温性のある質のよい睡眠が実現できています。

 

この雲のやすらぎは1年を通して使えるように考案されています。秋冬・春夏と両面で使えるようにリバーシブル仕様です。これによって、その場限りの体の苦痛の緩和ではなく1年を通しての負担軽減が可能です。

雲のやすらぎが疲れが取れやすいと言えるさらなる根拠

雲のやすらぎが疲れが取れやすいと言える根拠としては、腰と体の均衡を保ったまま横になれると言う点がとても優れています。みなさんの背骨と言うのはS字を描くような作りになっています。横になるとこのS字をどれだけ保持されるか?で睡眠中の体への負荷の増減が決まります。

背骨のカーブ

 

一般的な敷布団やマットレスだと横になった体を補助する力は無い為、沈み込み過ぎてしまったりそれどころか全く沈み込まずに重力に逆らうように背骨が就寝中もキープしようとする為、腰痛を招いたり筋肉に負荷をかけてしまいます。

 

これが雲のやすらぎだと、↑の図解のようにその作りから縦と横でしっかりと支持する所は支持してくれて、逃すべき力をきちんと逃してくれ、体への負荷が限界まで減るので背骨のS字ラインもしっかりと保ったまま眠りにつく事が出来ます。その結果、就寝中の負担が減り体の快復作用が増すので起きた時に気持ち良い感覚になります。

 

この雲のやすらぎの機能に関しては、フットサルのプロリーグ選手の「高橋健介選手」や「小宮山友裕選手」も、体への負担が分散されていて疲れた全身のケアにはとても有効と絶賛しています。

 

スポーツ選手だけでなく一般の人で毎日仕事で大変な日々を過ごしてくたびれた体でも、雲のやすらぎでぐっすりと寝た後には、「朝の目覚めがよく腰も軽くなった」「気分が睡眠でスッキリするようになった」と、その効果を感じる声も寄せられています。

 

このように、疲労を除きやすい寝具の雲のやすらぎは、プロ選手も認める最先端技術の疲れが取れる敷布団・マットレスです。

 

雲のやすらぎの詳細

エアウィ―ヴと雲のやすらぎとの比較はどうなる?

CMで知っている方も多いエアウィ―ヴも体圧分散の構造になっており、就寝中の体への負荷が減少され疲れが取れる敷布団・マットレスとして有名です。アスリートもこぞって使っています。その構造としては、使用されている素材に理由があります。

 

エアウィ―ヴという言葉の由来に、その意味は「空気を編む」となっており、構造上空気を編んだような軽い素材を実現しさらに心地よさも実現できないか?と言う所から始まっています。エアウィーヴは独自に作られた新素材の立体構造になっている為、体の負担が分散され寝返りが非常に楽になっています。

 

睡眠で疲れを獲ると言うのはこの、「寝返りが楽にうてる」と言うのがとてもポイントなんです。寝返りと言うのは、ゴロゴロとうつだけでも普通体への負担がかかります。そこをエアウィーヴや雲のやすらぎなどはマットレス構造によって極限まで身体へ負荷をかけにくくし、疲れが取れやすいと有名になっています。

 

正直なところ、雲のやすらぎと比べてもその疲れの取れやすさは甲乙付けがたい商品なのがエアウィ―ヴです。ただ私の主観と好みの問題もあり、エアウィーヴのあの薄さが心配なので、どうしても厚みのある雲のやすらぎの方が疲れは取れると実感出来ています。

 

雲のやすらぎの詳細