畳の部屋で背中が痛いのは何で?

過去の体験談より

いつも朝起きると体のどこかが痛いです。以前一度、寝ている時に背中を首が寝ちがえたような痛みが出てきました。それ以来、朝起きる時が一番痛くて夕方にかけて徐々に和らいでいく感じです。

 

そして、夜また横になり始めるとつんと痛くなってきます。朝起きるのが本当に一苦労です。また日中に座っているだけでも動けない日もあります。ぎっくり腰もやったことがあるのですが、そんな感じでした。

 

これまでそんなことはなく、ただタイミング的に畳の部屋に寝室を変えてから数日後だったので、やっぱり畳の部屋と今の敷布団があっていないのかな?と思っていました。だからと言って、諸事情で寝室を変えられないので今は敷布団を変えようかと考えて、複数の敷布団を見てきました。

 

本当に敷布団を変えて改善されるのか?心配でしたが、実際に変えてみて良かったと思えました。

ほぼ間違いなく敷布団だと判明

その痛みが出てきてから毎日のように苦労しながら起きていたのですが、一度だけ息子に敷布団を持ってきてもら試したことがありました。結構集めの敷布団で少しふかふか感があるも圧を返してくれる反発もありました。

 

するとその日だけはウソみたいに痛みがスッと消えて朝の目覚めが良かったのに驚きました。あんなに目覚め良く起きたのは数カ月ぶりで、パッチリでした。その瞬間、「やっぱ敷布団ダメだ」と確信しました。

 

それ以来、何が良いのか?を調べているとその息子に借りた敷布団の感覚がどうしても良かったので商品は違ったのですが、「雲にやすらぎ」を購入しました。

 

雲のやすらぎ

私の身体には適度な反発があっていると分かった。

畳の部屋で寝ているとほとんど反発が無い状態だったので直に床で寝ている感覚です。以前はそれで問題なかったのですが、なぜか畳の部屋に変えたらそれがダメになりました。

 

ですので、息子の敷布団を借りた時の感じには驚きましたが、この結果が痛みの全てだと分かったので雲のやすらぎを選びました。

 

この商品は、実際に寝た時の感覚がボヨンという反発がありこれが私にとっては心地よく感じました。これを購入するまでに調べた時は人によってその感覚がダメな人もいるそうなので、そこは断言できませんが、私にとってはベストフィットした感覚です。

 

畳の部屋に分厚い敷布団?と最初は抵抗がありましたが、これでぐっすりと寝られると思えば全く気にならなくなりました。大きさ的に家の押し入れには入らなかったので寝ない時は二つにたたんでいます。でも私にとってはそれは苦でも邪魔でも何でもないです。

 

もし同じように畳の部屋で寝ていて背中が痛いという方がいればまずは敷布団を疑ってみた方が良いかもしれませんね。その時は雲のやすらぎは良いなと思いますよ。

 

雲のやすらぎ