睡眠で疲れが取れる寝具の必要条件

睡眠

毎日ハードワークでしかも十分な睡眠も取れずに疲れが抜けきれないという人は多いです。あの朝のだるい感じなんとかしたいですよね?

 

そこで、当サイトでは疲れの取れるマットレスはないものか?を考え、その為にあらゆる情報を集めて分析してみました。すると、「快眠のためのテクニック」がありました。

 

疲れが取れるマットレス選びには、硬さと寝返りが重要だと判明しました。厚生労働省でも発表されているので信頼できる選び方です。

 

これであなたも、マットレスを変えて疲れが取れる睡眠を手に入れてください。それでは、その選び方についてより詳しく解説していきます。

快眠の基本的な概念

快眠を得る為には、あなたが寝る時の環境がとても大切です。心や体の状態も大切ですが、寝室・寝具の状況も加味しなければいけません。

 

寝室は、音や光はどうなのか?室温はどうなのか?これらを変えるだけでも寝付きや熟睡の度合いに影響が出ると言われています。

 

当サイトでは、寝具を研究しているので今記事でも寝具を中心に快眠を得られる情報をまとめます。

 

まず、快眠の基本的条件として保温性寝相(体へ負担の少ない)がポイントとなります。人間は、深い睡眠に入ると同時に体温が下がります。よって、寝具では保温性、放湿性に優れた寝具を使う事がベストです。

 

寒い季節は特にそうです。毛布などでより保温性を高める人がほとんどと思いますが、理にかなった用途になります。

 

逆に、毛布を使わずに寝具内が冷えている状態では、体温との関係が悪くなり体に良くない寝相を引き起こします。これによって、疲れが取れにくくなるのです。

 

ですので、毛布以外でもあまりにも寒い時には、湯たんぽや電気毛布を使って暖めておくことも必要です。

 

ちなみに、寝具内の温度の適温は33℃湿度は50%とされているので目安にしましょう。

寝相に影響力のあるマットレスの硬さ

私達が普段とっている姿勢(直立時)は、首・胸から腰にかけて背骨がS字カーブになっています。

 

一番自然と言われているS字カーブは4〜6cmの隙間があるとされます。また、仰向けになった際のS字の隙間では2〜3cmがベストです。

 

マットレスを使用する時に、柔らかすぎると胸から腰にかけて深く沈んでしまい、この隙間が大きくなり腰痛の原因にもなりかねません。

 

逆に堅すぎるマットレス・敷布団を使用すると、適度の沈み込みがない分、骨が直接あたり痛めたり血行が悪くなり体の疲れが抜けきらない原因にもなります。布団を敷かず床に直接寝た事がある方なら、この痛みはお分かりと思います。

 

ですので、一番の理想のマットレスは適度な硬さがある物が良く、胸から腰にかけてのS字カーブをバランスよく保てるものが理想です。
寝ている姿勢

引用:快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係

寝返りとの関係

寝ている時の姿勢は、仰向けで寝ている時が一番体に力も入らずリラックスしている状態です。ですので、睡眠中に仰向けでいられるという事は、それだけ寝心地が良い事の現れでもあります。

 

しかし、私達の体は常に血液が流れている為に、同じ姿勢を保っていると圧迫されてしまい血流が悪くなります。その為、睡眠中でも寝返りをうつことで体への負担を和らげています。

 

また、寝返りには体温調節や水分の発散を調整しています。よって、寝返りが少ない事はそれも快適な証拠となります。しかし、マットレスが硬かったり柔らかかったりすると寝返りの回数も増えてしまい、寝床内の温度を余計に下げてしまったり、逆に疲れが蓄積してしまうようになります。

 

そこで、快眠で疲れを取る為にも適度な寝返りが出来る位の丁度よい硬さがあるマットレスがベストです。そのようなマットレス・敷布団は、寝返りをうってもS字カーブも崩れず腰への負担も少なく済みます。

寝返り

以上を踏まえて理想の疲れが取れるマットレスは?

当サイトでもいくつかのマットレスや敷布団について比較してきましたが、この厚生労働省が発表している快眠出来る寝具の条件に合致した商品はたった1つだけしかないと判断しました。それが、「雲のやすらぎ」です。

 

雲のやすらぎは、体圧分散により適度な硬さを保ち体の自然なS字カーブも保てます。また、通気性もこだわりぬいた羊毛を使用することで寝床内の温度を適温とされる33℃前後で保つことが出来るようにされています。

 

これほど、条件に合致したマットレス・敷布団は他にはありませんので、疲れを取りたいあなたにとってはぴったりのマットレスと言えます。詳細についてはこちらでより詳しく説明しているので、ぜひ、吟味してご購入ください。

 

詳細確認ボタン